社会人になれば、自分で名刺を持つ機会も出てくる事でしょう。これまで良く見かけてきたものは、白い台紙に黒一色で社名や電話番号などの連絡先に自分の氏名、肩書きなどが書かれているシンプルな内容でした。見た目もとても分かりやすいのですが、その一方で頂いたものを並べるとどれも同じようなものばかりで整理していても分かりにくかったのです。もっと他とも差別化したいと考えるのであれば、ワンポイントを加えるなどオリジナルな部分を作ることでぱっと見たときに印象を残しやすくなります。奇抜すぎても相手からの印象が変わってくるので、どこまで変えていくのかはセンス次第となる部分もありますが、利用する会社のテンプレートも見ながら使いやすいものを探してみると良いでしょう。

用意されているテンプレートを活用する

名刺をオリジナルで作ろうと思っても、そう簡単に出来るものではありません。業者側でもいろんなテンプレートを用意してくれているので、ざっとそれらを見ていきましょう。ビジネスで使うようであれば、カラーを入れるだけでもかなり印象が変わってきます。社名やロゴ、イラストを加えたりするのもいいでしょう。予算に余裕があるなら普段利用している白い紙から別の用紙にしてみるのもおすすめです。手触りが違うのも雰囲気が違ってきますし、色味を変えるのも良いでしょう。テンプレートをそのまま使うだけでなく、文字などの配置や色の変更などを加えていくのも面白いです。他の人からもらったものを参考にしたり、幾つかの業者で見比べながら作れば、自分だけの特別な一枚を作り上げる事ができるでしょう。

どこまで違いを追及しておくのか

他の人と差別化を図るためにもオリジナルの部分を考えたいものですが、名刺にはぱっと見ただけで終わるのではなく、自分自身の氏名や所属などを伝える役割があります。その為、あれもこれもと小さなスペースに文字やイラスト、写真などを詰め込んでいくとよく分からない紙片が出来上がってしまいます。特に作りなれていない方だと、何か空白の部分があるとそこに埋めたくなってしまいたいと考えがちです。必要な情報が入っていてそれが第三者からも見やすいかどうか、その上でデザインも考えていきましょう。文面だけではなくて、角を丸くしたり型抜きなども状況に応じて使ってみると、センスよく仕上げる事ができます。デザインも難しいですが、ビジネスで使うものと心がけて全体のバランスを見て作りましょう。

名刺作成のコースはデザインを選んで必要事項を入力するお手軽名刺コースが御座います。お手軽なのでぜひともご利用下さい。 主力商品・サービスは名刺作成で、ビジネス名刺などの高品質な名刺を低価格で、スピーディにお届けしています。 当サイトの文中にある24時間とは、当社休業日を含めない時間計算のことです。ご了承下さい。 名刺をオリジナルで作ってみませんか