名刺は、ビジネスやそれ以外の社会活動をするうえで必須のツールで、初対面同士が自分自身を紹介するためにお互いに交換する自己紹介カードです。ただし、「自分の分身」とよく言われるように、自分の所属や名前が単に書いてあるだけの単なる自己紹介カードではありません。なぜなら、初対面の際に自己紹介と共に渡すので、自分自身の第一印象がそこに込められてしまうからです。実際に、「受け取った側」が「渡した側」の印象を忘れないように、どのような人であったかを裏面等にメモすることはよくあります。そのため、自分の分身とよく言われるのです。そして、その後も受け取った相手は分身であるそのカードを見て、渡した側のことを思い出す訳ですから、当然良い印象をもってもらえることに越したことはありません。

自分という人物をオリジナルの形にして直接渡す

名刺交換は、メールアドレスの交換のように単なるデジタル情報の受け渡しではなく、カードという有形物を交換するということが大きなポイントです。交換の際には、必ず相手と顔を合わせて直接渡します。そして、カードの紙面は小さなものですが、様々な情報を文字やデザインとして記載することができます。見方を変えれば自己紹介カードというより、むしろ広告と見なすことができます。そのため、「自分が何をしている人物なのか」「何をできるのか人物なのか」「受け取った側にとってどんなメリットをもたらしてくれる人物なのか」というような情報をシンプルに記載したオリジナル名刺を作成しておけば、100%の確率で自分のPR広告を直接相手に渡せることになります。そして、渡された相手もパッと見てすぐに人物を理解できますし、印象も良くなります。

会話を弾ませて紙面の情報以上の情報を印象づける

オリジナル名刺のさらなるメリットは、カード自体もしくは紙面にオリジナリティーを出すことによって、そこからより多くの会話を引き出すきっかけとなることです。交換時にはお互いの自己紹介をしますが、紙面上の所属と名前だけを言って終わってしまうことがよくあります。そうすると、非常に儀礼的な挨拶だけになってしまいます。しかし、カードに少しでも会話のきっかけとなるものを配置することでコミュニケーションが増やせれば、スムーズに商談も進めやすくなるでしょう。例えば、少し変わった形のカードであれば、相手側は「変わった形ですね。これは何をモチーフにしているのですか?」など聞くことができ、会話のきっかけを掴むことができます。そして、そのモチーフが自分自身のPRに関連するものであれば、そのカードを見るたびにその印象が頭に浮かぶことになります。