社会人になると自分のことを覚えてもらうために名刺を渡す機会も出てくるものです。企業によっては社員の分を会社で作ってくれるところもありますが、どうしても画一的なデザインのものになってしまいがちです。自分のことを強く印象づけるためにも、パッと目を引くようなデザインのものを作りたいという方も少なくないでしょう。それならば自分でオリジナルの名刺を作ってしまうという方法があります。自分で作成したイラストや写真などを入れることも出来ますし、フォントの種類やサイズなども自由にカスタマイズすることが可能です。作り方にも色々ありますが、いずれもそれほど難しくありません。費用もそれほどかかりませんので、個性的なものを作りたい方は是非自分で作ってみましょう。

自分でプリントアウトして作る方法

手軽に出来る制作方法として、自宅にあるプリンターで印刷して作るというものがあります。家電量販店に行けば、様々なプリント用紙が販売されています。光沢紙や和紙など、紙のタイプも実に様々なものが揃っていますので、名刺用の中からお好きな用紙を選んで使用します。プリント用紙によっては、専用のホームページが記載されている場合もあります。そちらのホームページを利用すると、様々な素材をダウンロードできたり、用紙サイズに合わせたプリントアウトが可能になります。自宅にパソコンとプリンターがあれば簡単に作れるものですが、大量に作る場合には用紙代やインク代などでコストが掛かってしまう難点があります。またプリンターによってはインクがにじんでしまったり、発色がイマイチの場合もあります。用紙によっては切り取り線が残ってしまうものもあるので注意が必要です。

オリジナルグッズの専門業者に依頼して作成してもらう

オリジナルアイテムを専門に取り扱っている業者に頼むのも一つの方法です。自宅用のプリンターで印刷したものよりはるかにきれいにプリントされますし、きれいにカットされた状態で届きますので、ギザギザを心配する必要もありません。あらかじめ用意しておいたデザインのデータを業者の方に渡して制作してもらうことになります。もちろん、文字の向きやフォントなども自分で指定することが可能です。大量に作るのであれば、依頼した方が低コストになる場合もありますのでおすすめです。ただし、こちらの場合製作にある程度の日数がかかってしまうというデメリットがあります。業者によって異なりますが数日から数週間ほどかかる場合もありますので、今すぐ必要だという方には不向きです。納期が気になる場合は直接店舗に相談の上、制作してもらうようにしましょう。