分かりやすいデザインのチラシや広告を作る

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告を制作するときは、どんな人に何を伝えたいかを考えることでしょう。費用を使って広告を入れるということは、訴えたい商品や内容があるはずです。コンセプトを考え、箇条書きにしてみます。この時点ではデザインを考える必要はなく、内容を検討していきます。
その原稿をもとに、主な項目をまとめていきます。広告に限らずですが、最も大切なのはいつ、どこで、何を、どのようにという情報です。これらが誰が見てもわかるように入っているか確認します。
例えば期間限定のセールの場合、いつからいつまで、どこでセールが行われるか、という内容が一番重要です。次にセール対象の商品は何か、すぐ分かるように写真や商品のデータを入れます。その商品の値段もチェックします。セール時の値段だけではなく、元値からどれくらい安くなっているか、という情報もあるとよりお得が強調されるチラシになるでしょう。
原稿、写真やお店のロゴ、地図、アクセス方法といった情報も大切です。チラシのもとになる材料を準備します。

見積もりを確認してデザインする

ここまでの材料がそろったら、制作会社に見積もりを依頼できます。どれくらい印刷するか、チラシの大きさはどうするか、カラー印刷にするか白黒にするか、といった基本的な部分を入力すると、ウェブ上で見積もりを提出してくれるウェブサイトもあります。電話などで見積もりを行ってくれるところもあります。価格が決まったら、発注となります。
いよいよ制作の中心であるデザインと推敲です。必要な材料を組み合わせ、レイアウトが始まります。自分でソフトを使ってレイアウトしたい、という人もいますし、プロに任せたいという人もいます。デザインを依頼するなら、どういったイメージにしたいかよく説明します。参考になるチラシがあるなら、実際に送付して見比べてもらうのもよいでしょう。一度デザインができたら、パソコン上で確認することができます。効果が出やすいように文字を目立たせたり、色を工夫したりチラシを整えていきます。

チラシを印刷する

推敲が終わったら、印刷です。セールなどで広告を折り込む時期が決まっているなら、印刷にかかる時間だけではなく、配布するところまで送付される時間も含めて、納期を確認します。印刷を行う前に、もう一度誤字脱字がないか、チェックしましょう。
チラシが届いたら色むらや文字のカスレなどがないか、目で確認します。