シンプルなデザインでチラシと広告を制作する際の費用

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チラシを制作する場合、お得な情報を目立たせたいものですが、それと同時になるべく安価に仕上げたいと思うものです。制作を依頼する会社によって価格設定の方法は異なりますが、広告の制作には主にデザイン費、印刷費、オプション費などに分けられます。
まずデザイン費です。これは実際のチラシのレイアウト配置、デザイナーとの打ち合わせや出来上がったデータのやりとりなどが含まれます。良い広告を制作したいなら、ほとんどの場合、一回で打ち合わせが完了することはありません。細かな部分の修正や、候補となる色見本を何種類か制作するという過程を経て、一つのデザインに絞っていきます。打ち合わせには時間も費用もかかります。各制作会社によって、どこまでがデザイン費に含まれるか異なるため、事前に確認しておくことが必要です。

印刷費とオプション費

印刷費とは、デザインされた広告を何枚印刷するか、実際の印刷にかかる費用です。どの紙を使うか、どのサイズを使うか、印刷は片面か両面か、によって値段は異なってきます。例えば、お店に来店した人に渡すものなら少し厚めのコート紙を使いたいと思うかもしれません。ポスターのように貼ってアピールするためのチラシなら、片面デザインのものになることでしょう。一方、新聞紙やタウン誌などに折りこみたいなら、部数を多めにして薄い紙に印刷するのがお得になります。
最後にオプション費です。制作会社によってまちまちですが、用紙にコーティング加工をしたり、折りこみをすぐにできるようあらかじめ折って送付してもらう加工費が含まれます。また、急ぎの場合やなるべく納期を短縮する場合も若干割高になります。
会社によっては出来上がったチラシを送付するのに、送料が必要になることもあります。つまりデザイン費と印刷費、オプションや送料、消費税といった各費用を合計した価格が、制作にかかる一式の費用となります。

費用を抑えて良い広告を作る

インターネットの紹介などで、格安と言われるチラシ制作の場合、上記のすべての費用が含まれるかどうか確認しましょう。一見安く見えても、総費用が膨らむということもあります。
時間に余裕があるなら、納期は一般の日数で発注すると良いでしょう。会社によっては、白黒印刷、2色印刷、フルカラー印刷といった印刷に何色使うかによって価格が異なるところもあるので、より強調したいところだけカラーにするなら価格を抑えることができるかもしれません。