目立つデザインのチラシと広告を配布する

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チラシには、新聞やタウン誌のような公共の雑誌に折りこむタイプのものと、店頭で配ったり、ポスティングするタイプのものがあります。折りこむタイプは主にA4やB4以上の大きい紙のサイズ、簡単に折り目がつきやすく、薄い紙のタイプが多いです。
また店頭で配るタイプのものは、しっかりした紙質で持ち帰りしやすいB5やA4タイプが多いです。ポスティングはポストの大きさも考えて一般的にA4程度の広告を、二つ折りか三つ折りにして投函されます。また、見開きタイプや冊子のようなタイプのチラシもあります。
ポスティングは主に、対象のお家から近くにオープンするお店、マンションの見学会などに効果を発揮します。対象となるお家に、直接アプローチできるので効果的といえます。しかしポストにたくさんの広告が入っていると、見る気にならなくなります。例えば何週間か後にオープンするお店の情報より、今週末オープンするお店の方が注目されるでしょう。オープン直前のタイミングでポスティングすると、より効果的に用いることができます。ポスティングを行う日時を良く考え、投函することができます。

チラシを目立たせる方法

似たようなデザインの広告ばかりだと、ちらっと見ただけで捨てられてしまうこともあるかもしれません。チラシをポスティングする際、他のものと少し違ったデザインにしておくと、目にとまる確率が高くなるでしょう。
例えば透明の封筒に入っていたり、広告にお得なチケットや割引券などが一緒になっているなら、見たいという気持ちを高めることができるでしょう。良い紙質を使うとダイレクトメールのような印象を与えることができるかもしれません。また、近所の人達に絞ってポスティングしている場合、その地区だけのお得な情報を入れたり、試供品やサンプルをチラシに付けて配るという方法もあります。

ポスティングの方法

広告の制作会社によっては、オプションでポスティングまで行ってくれるところもあります。費用、ポスティングできる範囲などは決まっているので、発注の際に良く確認します。ポスティングのサービスがない地域なら、自分でポスティングする必要があります。ショップのオープン情報なら、オープンするお店の周囲半径1キロ程度で、まんべんなくポスティングできるよう計画するとより広告の効果が出ます。目を通す前に捨てられないように、折って投函するなら丁寧に折ってポスティングしましょう。